トップページ >  ビタミンCの疑問 >  ビタミンC化粧品の効果

ビタミンC化粧品とサプリメントの疑問

効果が期待できるのはどっち?

ビタミンC化粧水を肌の上からつけて効果はあるの?サプリメントなどで口から摂取した方が肌に良いんじゃないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。ビタミンCは食事から摂取できますし、サプリメントも豊富に存在するので、手軽に摂取できます。

口から摂取すれば血肉になるので肌への効果を考えると、わざわざ化粧品でビタミンCを肌から摂取する必要はないように思われるかもしれません。しかしながら、実際には肌からビタミンCを摂取しても十分に効果は期待できます。むしろ、肌への効果で考えたら口から摂取するよりもより効果的です。

ビタミンCは肌から摂取する方が口から摂取するよりも良い理由は?

肌に直接届けることができる

ビタミンCを口から摂取した場合、生命に関わる心臓や脳などに優先的に運ばれてしまいます。つまり、肌に届くのは、それらに十分に行き渡ってからということになるので、肌に十分なビタミンCを届けることは困難です。しかし、化粧品の場合は、肌に直接届けることができるので、ビタミンCは肌にためだけに利用されることになり、高い効果が期待できます。

ケアしたい部分に確実に届けられる

ビタミンCはシミ、ニキビ・ニキビ跡、毛穴など色々な肌の悩みに効果的ですが、ビタミンCを口から摂取した場合は、肌の悩みに直接ビタミンCが届けられることはほとんどありません。しかし、化粧品を使うと、直接患部に付けることができるので、集中的にかつ即効的に効果を実感することができます。

高濃度でビタミンCを届けられる

サプリメントなどでビタミンCを多めに摂取したとしても、先ほど解説したように、生命活動に優先的に消費されてしまいます。ですから、サプリなどではたくさんのビタミンCを肌に届けることはできません。しかし、化粧品の場合はビタミンCが高濃度に配合されたものを塗ると、肌にたっぷりとビタミンCを届けることができます。